• つながろう+つなげよう2013 出展作品
  • つながろう+つなげよう2013 パース
  • つながろう+つなげよう2013 会場風景
  • つながろう+つなげよう2013 建築チーム作品
  • つながろう+つなげよう2013 ワークショップ

つながろう+つなげよう2013 「地上を意識してみた」

制作・開催年2013年9月23〜29日
場所札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)
制作種別アート作品出展
公式サイトwww.facebook.com/connect12sapporo

「アートを身近に感じてもらいたい」
建築家、アーティスト、グラフィックデザイナー、造形作家、プロダクトデザイナー、木工家、イラストレーター、染色家、版画家、トランスメディアアーティスト、クラフトデザイナー、フォトグラファー、webデザイナーなど様々なクリエーターが集ったハイブリッドなアートイベントです。

出展作品に関しまして、会場にある天井から下がっている紐のリングは地上からの御光を表現していて、テーマのLINE以外に「もう少し地上にも目を向けよう」というメッセージが込められています。私も共感する部分がとてもあり、本能的に地上との位置関係が不安なのか地下を歩いている時によく光を求めていることがあります。なのでこのチカホでもハイサイドライトを感じる中央を歩くことが多いです。そんなわけで「ズバッ」と地上の景色を取り入れて、これからの地下開発へ微力ながら訴えかけるようなものを作ってみました。私は建築設計・3DCG・webデザイン・グラフィックデザインなどを行っており、PC内で作業する3DCGの線描画(ワイヤーフレーム)を原寸大平面で立体とを繋ぐ表現を試みました。言い換えれば、PCのディスプレイ(2次元)と3DCGソフト(擬似3次元)と紙(2次元)と立体空間(3次元)を繋げる擬似インスタレーションです。

ページ先頭へ